送念を使って彼だけに気持ちを伝える方法

あなたの思いを彼に伝える

どうしても彼と復縁がしたい!私の思いを届けたい!
恋の悩みは尽きません。

彼のことを知れば知るほど「彼が欲しくてたまらない状況」になりますね。

そんな時、誰にも知られず彼にだけ自分の気持ちが届いたらいいな?と思ったことはありませんか?

電話占いや、チャット占いサービスに所属している占い師の占術一覧に

送念
思念伝達

などと書かれているのを見たことはありませんか?

送念が占術に入っている占い師の方のレビューを見ていると

「送念していただきありがとうございました!」
「先生の送念のおかげで復縁できました!」

などと書かれているのを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

復縁したい!元彼と復縁出来るなら・・・
復縁したい彼がいる
詳細を見る

送念という言葉を知っている方は、恐らく占いやスピリチュアルに少し興味のある方だと思います。

送念って効果があるの?てか送念って何ぞや?

実際に効果があるのならぜひお願いしてみたい!

自分で出来るなら自分でやってみたい!!

などと、疑問に思っている方のために、今日は送念について詳しく解説したいと思います。

 

送念とは

送念、読んで字のごとく「念を送る」です。

念と聞くと、何やら怖いイメージだったり、難しいイメージがあるかもしれませんが、要するにエネルギーです。
ここでは魂のエネルギーのことを指します。

自分の魂のエネルギーを、特定の誰かに送る、伝えることを送念といいます。

送念ではエネルギーにメッセージを込めたり、自分の思いや願望を込めて相手に送達することも可能です。
送念は何も自分ひとりのエネルギーだけではなく、超自然的なエネルギーの力も借りることが何よりも重要なのです。

例えば彼の事が好きだという思いはあるものの、お互いの状況や環境によって、思いを直接伝えるにも伝えられない人は沢山いると思います。

どうしても素直になれない、意地を張ってしまう・・・
もう連絡先をブロックされてしまっている・・・でも思いを届けたい!

そんな時に、彼の心や魂に無意識下で自分の思いや気持ちを伝えることができたらとっても良いなと思いませんか?

それを可能にするのが、送念です。

場合によっては

  • もうあの人と縁を切りたい!
  • しつこい!
  • そっとしておいて!

というような状況でも送念は効果を発揮します。

今回は、恋愛で悩むあなたのために、縁結びに特化した送念についてお話したいと思います。

送念の意味

何のために送念をするのか?

私の鑑定経験上、恋愛において送念をするかしないかでは、大きく状況が変わるといっても過言ではありません。

現実的な努力では賄えない部分も恋愛では沢山ありますよね。

 

ところで皆さんは、ムシの知らせのようなものを感じたことはありませんか?

また、何の根拠もないけれど何か突発的にやりたい事がわいてきたり、何かに導かれるような体験をしたことがある人は誰しも一度や二度はあると思います。

 

相手が送念でもって、あなたの念を受け取ったとき、このようなムシの知らせのようなものを感じることがあります。

例えばあなたもしくは術者が「お願いだから連絡がほしい」というメッセージを込めて相手に念を送ったとしたら、相手は直感的に「そうだ、連絡してみよう」となるわけです。

 

恋愛において、そのようなことができるなら、こんなに有利なことはありませんよね!

送念ができるといっている占い師の方もいらっしゃいますが、自分でできるのならお金もかかりませんし、本当は送念は自分でやった方が良いのですよ!

次に、送念の基本的な送り方や、効果的な送り方をさらに具体的にご紹介いたします。

送念の効果的なやり方

・送念をする前に

まず、送念を行うにあたって一番大切なことはご自身の心や精神の状態です。

もちろん送念をしたいときというのは、恐らくほとんどの人が焦っていたり、切羽つまった状況かと思いますが一旦心を落ち着けて冷静になりましょう。

(どうしても一人じゃ考えこんでしまう!という人は、電話占いを使って占い師に話を聞いてもらい、一旦物事を心の中で整理しておきましょう)

そして、送念では様々なメッセージを送ることが可能ですが、恋愛でおいてお相手との関係を良好にしたくて送念をする場合、絶対に相手を傷つけたり、不幸にするようなメッセージや思いは込めないでください。そのようなメッセージを込めてしまうと、せっかく縁を結ぶための送念が一気に縁切りに変化してしまいます。

送念というと、何やら素敵なことのように思えますが、一歩間違えると呪い、生霊に変化しますので充分注意を払う必要があります。

大好きな相手を体調不良や不運、不幸に陥れてしまわないように、まずはご自身のメンタルを落ち着かせましょうね。

送念(思念伝達)のやり方

  1. 心得の記事をお読みになり、衣類等を準備した後にゆっくりとお風呂に入ります。
    自分がこれまでに受けたマイナスなエネルギーが全て落ちるようなイメージをもってください。
  2. 清潔な衣類に着替え、身の回りの環境が落ち着いたら、彼の事を心の中で思い浮かべます。
  3. お気に入りの香りの香水を身にまとってください。
    (香水じゃなくても、いい香りのものならなんでもOKです。ボディクリームなんかも良いですね)
  4. ゆったりとした気持ちで白檀のお香を焚いてください。
    理由は後述しますが、安いお香は使わないで下さい。[おすすめのお香]

念を練る

  1. 瞼を軽く閉じて彼の事を心の中で思い浮かべ彼が居る方角へ気を向けます。
  2. 気を向けることが難しい場合はそこの土地を思い浮かべたり、彼の家に行ったことがあるのならば彼の家を思い浮かべたりします。
    具体的な住所がわからなくても都道府県がわかればOKです。
  3. 彼の存在(気配)を掴めたら気持ちをキープする。
  4. 彼に伝えたいメッセージや思いを心の中で何回も念じます。

ここまでの流れでおおよそ15分~30分程度です。
彼の気配が掴めなくても落ち着いて気持ちを落ち着けてじっくり彼の気を探りましょう。

  1. 念じながら【白い光】を心の中でイメージします。メッセージはその白い光の中に入れていくようなイメージをもってください。
  2. 白い光がパンパンに詰まったと感じたら

「ここの場所を通るすべての精霊や自分が住む場所の氏神(うじがみ)様、全ての目に見えない存在の者たちよ、私のこの思いを〇〇さん(相手のフルネーム)にお届けくださいますようお願い致します」3回唱え白い光を解き放つイメージで送り出します

「焚いているお香の煙をぜひ受け取ってください」と言って儀式は完了です。

お香は神々と精霊たちにお供えするためのものなので、ちょっと奮発してでも良いお香を焚きましょうね。

復縁したいときの送念

忘れられない彼がいたり、復縁したい方にも送念は非常に効果を発揮しますが、もし復縁したいお相手にパートナーや気になる人がいたりする場合、別れさせたりして自分のところへ気を向けたい!と思うかもしれません。

上記でもお話したように、マイナスな思いを抱えている状態で送念を行うようでは、それは送念ではなく呪いに化けてしまい、かえって彼が具合を悪くしてしまったり呪いは自分に跳ね返ってきますので逆に彼を遠ざける結果になってしまいます

人を呪わば穴二つです・・。

すでに彼にお相手等がいる場合の復縁を目的に送念を行う場合は上記に追加して彼の幸せを祈るという事も忘れないでください。

決して「その女と別れてください!」とか「その子はいい子じゃないよ!」とか思わないように。

神意、天意に沿ったお相手であれば、送念の際に力を貸してくれる精霊や神々がそっと力を貸してくれます。
たとえ不倫であろうともまったく関係ありません。男女の営みは自然な行動なのですから・・・

結婚と言う概念を決めたのは人であり法律でしかありませんから天意/神意はそこにはありません。

あとがきとまとめ

この送念はお相手には一瞬で届きますが、効果が表れるまで3日~1週間前後かかります。
追加でまた送念をしたい場合は、最低でも1週間は開けてから行いましょうね。

私のご紹介する送念のやり方で一番重要なことは、ご自身の念のみでなく精霊や神々の力を借りるという点にあります。

人一人が持ち合わせているエネルギーというのは個人差がありますので、より確実に相手に思いを届けるために神々や精霊にお願いをするのです。

力を貸してくれるのは、何も天照大御神様などの大きく有名な神様ではなく、あなたの身近でそっと助けてくれている沢山の神様や精霊たちです。日本は八百万の神々の国なので、どこにでも神様はいらっしゃいます。

あなたが良いエネルギー、相手の幸せを心から祈りながら送念を行うことができれば、目に見えない神々や精霊たちが総力を挙げてあなたの思いを相手に届け、また力を貸してくれることでしょう。

悪いエネルギーや恨み、独りよがりな思いが入れば、一気に神々や精霊の力からは遠ざかり、その辺の浮遊霊とか・・場合によっては動物霊が力を貸すことになります。そうなった場合、お相手の不運ばかりでなく、ご自身までもが不運に見舞われてしまいますのでご注意を。

何度も言いますが・・人を呪わば穴二つです。呪ったつもりじゃなかったとしても、神々や精霊、はたまた幽霊の類に善悪の概念等はありません。

この微妙な違いが、今後の運気やお相手との状況を左右します。

そして、お手伝いをしてくれる神々や精霊に敬意を払うことをお忘れなく。

 

皆さまの送念の成功を心から願っております。